医療用医薬品事業
創薬/研究開発

ファースト・イン・クラスの新薬創出を目指し、独創的な発想力を追求し取り組んでいます

わたらせ研究所
わたらせ創薬センター

杏林製薬は、いまだ数多く存在するアンメットメディカルニーズに応えるために、世界の人々の健康に貢献する革新的な新薬を継続的に創出し届けることが使命であると考えています。
「創薬」につきましては、コアテクノロジーとして炎症・免疫・ 感染症などの基盤研究をベースに新奇なターゲットを見出し、特定領域の疾患に対するファースト・イン・クラスの新薬を創出するために、低分子をベースとした既存の創薬プラットフォーム(キナーゼ、受容体)に加え、新技術(遺伝子治療、ペプチド等)の活用にも積極的に取り組んでいます。 新技術につきましては、自社内にとどまらず大学、研究機関等のアカデミアやベンチャー企業等との協働を通して、オリジナリティーの高い研究テーマを選択し研究開発を進めています。

「開発」においては、対象となる患者さんを常に想定し、医療ニーズにきめ細かく応える製品づくりが大切という考えを基に、「開発プロデュース」(上市後の製品像を強く意識した開発方針) に沿って、市場性、事業性、実現性を十分に検討した上で、「有効性」「安全性」「利便性」を追求した薬を創り続けています。
世界の人々の健康に貢献できるオリジナル新薬を一日も早くお届けできるように、独創的な発想力を持って取り組んでまいります。

- 基礎研究充実とテーマ選定について-

基礎研究充実とテーマ選定について

- 新奇な創薬ターゲットを創出する体制について-

新奇な創薬ターゲットを創出する体制について

研究開発パイプライン

杏林製薬は、「呼吸器科」「泌尿器科」「耳鼻科」の3つをFC(フランチャイズ・カスタマー)領域と呼び、この領域における研究開発パイプラインの充実に取り組んでいます。

アライアンス戦略について

キョーリン製薬グループは、自社創薬とともに、外部との積極的なコラボレーションにより、医薬品メーカーとしての重要課題である製品パイプラインの拡充を推進しています。今後も魅力的なパイプラインの構築に向け努力を続けていきます。

国内外企業との積極的なアライアンス促進

公的研究費の運営・管理体制

杏林製薬は、文部科学省が制定した「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」等に基づき、公的研究費の運営・管理に関する規程を定め、以下の責任体制のもと、公的研究費の適正な運営・管理を行っています。

医薬に関する研究活動サポート