沿革

会社の歴史

製品の歴史

1920年~

1923年

杏林製薬(株)の前身である東洋新薬社を創業

「東洋新薬社」建築中の写真

年代を示す記号

1931年

杏林化学研究所を設立

年代を示す記号

1940年

名称を杏林製薬(株)に改称
販売部門を独立して杏林薬品(株)を設立

年代を示す記号

1947年

岡谷工場開設

「岡谷工場」外観写真

年代を示す記号

1950年~

1957年

医学機関誌「ドクターサロン」創刊

年代を示す記号

1961年

利尿・降圧剤
「べハイド」発売

「べハイド」商品画像

年代を示す記号

1962年

杏林化学研究所(後の開発技術センター)設置

「杏林化学研究所」外観写真

年代を示す記号

1965年

神田駿河台に本社屋が完成

「本社屋」外観写真

1965年

鎮痛剤「キョーリンAP2」発売
経口血糖降下剤
「デアメリンS」発売

「キョーリンAP2」商品画像

年代を示す記号

1967年

野木工場設置

年代を示す記号

1971年

脂質代謝・末梢血行改善剤
「コレキサミン」発売

年代を示す記号

1974年

代用血漿・体外循環希釈剤
「ヘスパンダー」(HES)発売

年代を示す記号

1976年

ヒドロキシエチルスターチ(HES)を
フリマー(独、現バクスター)へ導出

年代を示す記号

1977年

中央研究所(後の創薬研究所)設置

「中央研究所」外観写真

年代を示す記号

1980年

ノルフロキサシン(NFLX)をメルク(米)へ導出

年代を示す記号

1980年~

1981年

気道粘液調整・粘膜正常化剤「ムコダイン」発売

「ムコダイン」商品画像

年代を示す記号

1982年

NFLXをアストラ(英、現アストラゼネカ)、
ブーツ(英、現アッヴィ社)へ導出

年代を示す記号

1983年

NFLXをアメリカンホームプロダクツ(米、現ファイザー社)へ導出

年代を示す記号

1984年

広範囲経口抗菌剤「バクシダール」(NFLX)発売

「パクシダール」商品画像

年代を示す記号

1986年

フレロキサシン(FLRX)を
F.ホフマン・ラ・ロシュ(スイス)へ導出

1986年

胃炎・胃潰瘍治療剤「アプレース」発売

年代を示す記号

1989年

気管支喘息・脳血管障害改善剤「ケタス」発売
広範囲抗菌点眼剤「バクシダール点眼液」発売

「ケタス」商品画像

年代を示す記号

1991年

広範囲経口抗菌剤「小児用バクシダール」発売

年代を示す記号

1992年

杏林製薬(株)・杏林薬品(株)合併

年代を示す記号

1993年

持続型ニューキノロン剤「メガロシン」(FLRX)発売

年代を示す記号

1995年

研究センター(後の開発研究所)設置
(合成研究、開発技術、製剤技術および安全性技術の各センターを統合)
能代工場設置

「能代工場」上空写真

年代を示す記号

1996年

日清製薬(株)に資本参加(社名を日清キョーリン製薬に変更)
ガチフロキサシン(GFLX)をブリストル・マイヤーズスクイブ社(米)へ導出

1996年

潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬
「ペンタサ錠」発売

年代を示す記号

1998年

「ミルトン」事業をP&Gより買収

年代を示す記号

1999年

東証2部上場

年代を示す記号

2000年

東証1部指定
ガチフロキサシン点眼液をアラガン社(米)へ導出

年代を示す記号

2000年~

2001年

米国にKyorin USA,Inc.(100%出資)を設立

2001年

気管支喘息治療剤「キプレス錠」発売

「キプレス錠」商品画像

年代を示す記号

2002年

ドイツにKyorin Europe GmbH(100%出資)を設立

2002年

広範囲経口抗菌剤「ガチフロ」(GFLX)発売

「ガチフロ」商品画像

年代を示す記号

2004年

ActivX Biosciences,Inc.(米)を100%子会社化

年代を示す記号

2006年

(株)キョーリンとの株式交換により、持株会社体制へ移行
(杏林製薬(株)は上場廃止、(株)キョーリンが東京証券取引所市場第一部に上場)
能代工場新製剤棟を新設

年代を示す記号

2007年

代用血漿・体外循環希釈剤「ヘスパンダー」「サリンヘス」に係わるビジネスを、フレゼニウスカービ(独)へ譲渡

2007年

過活動膀胱治療剤「ウリトス錠0.1mg」発売
気管支喘息治療剤「キプレス細粒4mg」発売

「ウリトス錠」商品画像

年代を示す記号

2008年

杏林製薬(株)と日清キョーリン製薬(株)が合併

2008年

潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬
「ペンタサ錠500」発売

年代を示す記号

2009年

「ガチフロキサシン点眼液」の中国での
独占的販売権を付与する契約を千寿製薬と締結
メルツ社(独)と耳鳴治療薬「ネラメキサン」の
国内ライセンス契約締結

年代を示す記号

2010年

気道粘液調整・粘膜正常化剤「ムコダイン DS50%」発売

年代を示す記号

2010年~

2011年

過活動膀胱治療剤「ウリトスOD錠0.1mg」を発売

年代を示す記号

2012年

医療用外用抗真菌剤「ペキロンクリーム0.5%」に係わるビジネスをガルデルマ社(スイス)へ譲渡

2012年

環境除菌・洗浄剤「ルビスタ」発売

年代を示す記号

2013年

神田駿河台「御茶ノ水ソラシティ」に本社移転

2013年

潰傷性大腸炎治療剤「ペンタサ坐剤1g」発売
喘息治療配合剤「フルティフォーム」発売

「フルティフォーム」商品画像

年代を示す記号

2014年

メルク社(米)と過活動勝胱治療剤
「ビベグロン」の国内ライセンス契約を締結

年代を示す記号

2015年

わたらせ創薬センター設置
FPR2作動薬プログラム」ブリストル・マイヤーズスクイブ社(米)へ導出

「わたらせ創薬センター」外観写真

2015年

COPD治療剤「エクリラ ジェヌエア」発売
潰傷性大腸炎・クローン病治療剤「ペンタサ顆粒94%」発売

「エクリラ ジェヌエア」商品画像

年代を示す記号

2016年

アレルギー性疾患治療剤「デザレックス錠5mg」発売

「デザレックス錠」商品画像

年代を示す記号