CSR活動
従業員への取り組み

【人材マネジメント】

キョーリン製薬グループは、業員が熱意を持って仕事に取り組むことのできる企業であることが存続・成長の根幹と考え、たな人材マネジメントシステムを構築・運用し定着させ、業員が働きがいNo.1だと実感できる企業を目指します。また、働災害の防止と働く全ての人たちの健康増進、らに進んで快適な職場環境を形成し、働災害ゼロを目指した安全衛生水準の向上に努めています。

組織化戦略

キョーリン製薬グループは長期ビジョンにおいて、社員を大切にし、人と組織を活力化することが事業戦略を遂行し、成果を具現するための最重要課題と位置づけています。そのため、社員が仕事に誇りを持ち、会社や組織を信頼し、全員が結束して仕事に取り組むことのできる、社員にとって「働きがいNo.1企業」の実現を目指し、人材マネジメントの基本方針の下、グループ各社ごとの人材マネジメントシステム(採用、配属、育成、評価、異動、報酬、福利厚生等)の再構築と人材育成の強化に取り組みます。

「組織化戦略 organization」のイメージ図

メンタルヘルス

杏林製薬(株)では管理者および従業員に対するメンタルヘルス教育を実施しています。管理者研修では、部下に対する配慮やメンタル疾患の具体的な症状についての理解促進を図り、予防・早期発見に努めています。また、イントラネットなどによって心の健康維持のための知識習得などを進めるとともに、従業員や家族が気軽に相談できる体制を整えています。疾患が発生した場合は所属部署・精神科産業医・人事部などが連携をとり、健康の回復、職場復帰、再発防止に努めています。

子育て支援

杏林製薬(株)では、仕事と家庭を両立しやすい環境をつくるために、育児休業制度、短時間勤務制度、配偶者出産休暇などの制度を導入しています。また、仕事と家庭を両立する社員をサポートする風土づくりにも取り組んでいます。

労働安全衛生

杏林製薬(株)では、2004年度にOHSAS18001の認証を、本社および全工場、研究事業所、支店・営業所で取得しました。創業以来、労働災害による死亡事故は発生しておらず、災害発生の頻度や災害の大きさを表す度数率・強度率も業界水準を大きく下回っています。

「度数率」と「強度率」のグラフ