キョーリン製薬 医療関係者向け情報

ドクターサロン掲載記事のバックナンバーをご覧いただけます。

本誌は、ラジオNIKKEIで放送している医師向け番組「ドクターサロン」・「杏林シンポジア」の放送内容を紙面にて 紹介するものです。ラジオ放送番組の「ドクターサロン」は、全国の一般医師より、日常診療に関してよせられた質問に対して、「杏林シンポジア」は 編集員が選出したテーマに対して、各分野の専門医がゲスト出演し、解説を行うものです。また番組で取り上げる質問や解説ゲストについては、編集委員が医学的かつ科学的に公平な立場から、決定しています。紹介内容には、ゲストの知識、経験、方針に基づく私見が含まれている場合があります。薬剤の使用にあたっては、各薬剤の最新の添付文書をご参照ください。

ラジオ番組ドクターサロンは臨床医の先生方の身近な問題にお答えする番組です。なお、番組で取り上げる質問は、ドクターサロン冊子購読者の先生方(医師)からの質問のみとさせていただいておりますのでご了承下さい。

ドクターサロン64巻6月号(5.2020)

記事ごとの個別閲覧は下記から行えます

東邦大学大橋病院呼吸器内科教授 松瀬厚人 先生

私自身も含めて、遷延性咳嗽に対して、治療的診断の名のもとに、あまりにも安易にβ刺激薬と吸入ステロイド薬の合剤の吸入薬が処方されている現状があると思います。かといって、気道の過敏性検査(メサコリン吸入試験、アストグラフ等)を実臨床で検査するのは現実的に困難だと思います。咳喘息の診断はどうあるべきでしょうか。(新潟県開業医)

敬愛クリニック内科/元 東京女子医科大学病院呼吸器内科禁煙外来担当 阿部眞弓 先生

経口禁煙治療補助薬バレニクリン酒石酸塩(以下、バレニクリン)の登場で禁煙成功率は高まりましたが、患者サポートや指導のコツ、禁煙に失敗した際の対処についてご教示ください。(埼玉県勤務医)

東京慈恵会医科大学循環器内科教授 山根禎一 先生

心房頻拍と心房粗動の鑑別についてご教示ください。(新潟県開業医)

東京医科大学消化器内科主任教授 糸井隆夫 先生

健診での膵疾患のひろいあげについてご教示ください。現在、当医所見では血清アミラーゼを用いていますが、これでは膵疾患のひろいあげにはならないと思います。何を用いればよいのでしょうか。(和歌山県開業医)

東邦大学医療センター佐倉病院糖尿病・内分泌・代謝センター准教授 齋木厚人 先生

BMI 35.6の59歳女性で、拡張型心筋症と臨床診断して紹介したところ、肥満心筋症と最終診断された症例を、最近経験しました。しかし、BMI 35程度の肥満の方はときどき見かけますが、肥満心筋症と診断されたケースは初めてでした。実地臨床で、肥満心筋症と疑うケースはどのような場合でしょうか。(新潟県開業医)

千葉大学医学部附属病院泌尿器科講師 坂本信一 先生

尿路結石についてご教示ください。
1.尿路結石の原因について、またどんな種類があるのか。
2.尿路結石の予防について。例えば、尿酸結石は尿をアルカリ性に近づければ結石ができにくいとのことですが、他の結石もすべてアルカリ性がいいのか。シュウ酸結石はむしろ酸性尿がいいのではないか。
3.高尿酸血症は血管に影響が及ぶとのこと。腎ではどの部位に一番影響を及ぼす可能性があるのか。輸入に、糸球体に、輸出に、それ以降?また、グリコカリックスを障害する可能性は?(鹿児島県開業医)

日本大学耳鼻咽喉・頭頸部外科教授 大島猛史 先生

耳鳴りについて、治療方法、悪化しないための生活上の注意(予防がもしあればそれを含めて)をご教示ください。(三重県開業医)

日本大学病院アイセンター客員教授 島田宏之 先生

加齢黄斑変性の治療に抗VEGFが適応になり、以降次々と抗体製剤が開発されています。最新の治療についてご教示ください。(東京都勤務医)

埼玉医科大学国際医療センター脳神経内科特任教授 棚橋紀夫 先生

獨協医科大学埼玉医療センター血管内治療センター長 兵頭明夫 先生

東京都済生会中央病院脳神経内科脳卒中センター医長 大木宏一 先生

東京都済生会中央病院脳神経内科脳卒中センター医長 大木宏一 先生

杏林大学脳神経外科教授 塩川芳昭 先生

バックナンバー記事タイトル検索

ドクターサロンのダウンロードにあたっては「ご利用上の注意」を必ずお読みください。

「ドクターサロン」のバックナンバーは、冊子として過去に発行された当時の内容をそのままの形で掲載しており、その内容は最新医療における解釈とは異なっている場合がございますのであらかじめご了承ください。
また、先生方の所属・肩書きも冊子制作時のままとなっております。ご利用にあたりましては、発行年月をご確認ください。

医療関係者向け医療情報 ご利用上の注意

医療用医薬品情報は、医療関係者を対象に、弊社医療用医薬品を適正に使用していただくための情報を提供しています。
一般の方の閲覧はご遠慮頂いていますので、ご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

医療関係者の方