キョーリン製薬 医療関係者向け情報

ドクターサロン掲載記事のバックナンバーをご覧いただけます。

本誌は、ラジオNIKKEIで放送している医師向け番組「ドクターサロン」・「杏林シンポジア」の放送内容を紙面にて 紹介するものです。ラジオ放送番組の「ドクターサロン」は、全国の一般医師より、日常診療に関してよせられた質問に対して、「杏林シンポジア」は 編集員が選出したテーマに対して、各分野の専門医がゲスト出演し、解説を行うものです。また番組で取り上げる質問や解説ゲストについては、編集委員が医学的かつ科学的に公平な立場から、決定しています。紹介内容には、ゲストの知識、経験、方針に基づく私見が含まれている場合があります。薬剤の使用にあたっては、各薬剤の最新の添付文書をご参照ください。

ラジオ番組ドクターサロンは臨床医の先生方の身近な問題にお答えする番組です。なお、番組で取り上げる質問は、ドクターサロン冊子購読者の先生方(医師)からの質問のみとさせていただいておりますのでご了承下さい。

ドクターサロン63巻12月号(11.2019)

記事ごとの個別閲覧は下記から行えます

順天堂大学臨床病態検査医学教授 三井田孝 先生

メタボ健診で、LDL-C直接法が採用され汎用されていますが、精度に問題はないのでしょうか。現状はいかがですか。また、TCが測れなくなったために、non-HDL-Cが測定できません。どのように測定項目を組み合わせたらいいでしょうか。(埼玉県開業医)

国立長寿医療研究センター老年学・社会科学研究センター長 島田裕之 先生

近年、高齢者のロコモティブシンドローム対策として、様々な運動が奨励され、時には講習会なども開催されているようです。このような生涯スポーツを考える上で、安全な競技としてゴルフがあると思います。ハンディキャップ制やギア機能の向上により、より楽しく、プレーができるのもゴルフの大きなメリットだと思います。高齢者におけるスポーツ、特にゴルフを行うことによるメリットや問題点などについてスポーツ医学の観点からご教示ください。(宮城県開業医)

国立国際医療研究センター病院 大腸肛門外科診療科長 清松知充 先生

虫垂粘液のう胞腫についてご教示ください。
1.病因
2.経過
3.予後
4.CEAがしばしば高値となるが、悪性とは限らないといわれています。この場合のCEAの病理的意義はなんでしょうか。CEAが次第に上昇するときは、病態は進行していると考えてよいでしょうか。(北海道開業医)

獨協医科大学埼玉医療センター産科婦人科講師 濱田佳伸 先生

開業医にも新型出生前診断が認可され、施行可能な施設が拡大すると聞いています。その実際についてご教示ください。(東京都勤務医)

川崎医科大学泌尿器科教授 永井敦 先生

かげやま医院(旧しお医院)院長 影山慎二 先生

国立病院機構神戸医療センター泌尿器科部長 大岡均至 先生

バックナンバー記事タイトル検索

ドクターサロンのダウンロードにあたっては「ご利用上の注意」を必ずお読みください。

「ドクターサロン」のバックナンバーは、冊子として過去に発行された当時の内容をそのままの形で掲載しており、その内容は最新医療における解釈とは異なっている場合がございますのであらかじめご了承ください。
また、先生方の所属・肩書きも冊子制作時のままとなっております。ご利用にあたりましては、発行年月をご確認ください。

医療関係者向け医療情報 ご利用上の注意

医療用医薬品情報は、医療関係者を対象に、弊社医療用医薬品を適正に使用していただくための情報を提供しています。
一般の方の閲覧はご遠慮頂いていますので、ご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

医療関係者の方