医療用医薬品事業
生産技術

製品ごとの「見える化」の取り組みにより、杏林サプライチェーン・ マネジメントを推進し、スピードと確実性の向上を目指します。

生産工場のイメージ写真

「能代工場」外観写真
能代工場

杏林製薬では、高品質を確保しつつ、安定供給・コスト低減を図るための品質方針を掲げ、 科学的根拠に基づいた生産活動やサプライチェーン・マネジメントの強化に取り組んでいます。また、将来を見据えグローバル基準に対応できる生産体制の強化を図り、品質保証基準であるGMP(Good Manufacturing Practice)の高度化を進めています。 杏林製薬能代工場をはじめ、キョーリン製薬グループ工場やキョーリン リメディオ井波工場の連携を深めることで、事業計画に応じたグループ内での安定供給体制を確保し、効率的な生産活動を図っています。

新薬群、先発品群、後発品群の枠を越え、さらにはグループ会社との枠も越え協業による全体最適化を図っています。さらに、環境変化に対応する強固な収益力の確立を目標として、グループ全体でサプライチェーンを包括的に捉え、より効率的な生産および安定供給を実現する体制づくりに取り組んでいます。現在、ワールドワイドで原料調達から生産(生産管理、製造)、在庫、供給(出荷)までを製品ごとに管理(見える化)することで、杏林サプライチェーン・ マネジメントを推進し、スピードと確実性の向上を目指しています。

杏林サプライチェーン・ マネジメント
杏林サプライチェーン・ マネジメント