ドクターサロン掲載記事のバックナンバーをご覧いただけます。

本誌は、ラジオNIKKEIで放送している医師向け番組「ドクターサロン」・「杏林シンポジア」の放送内容を紙面にて 紹介するものです。ラジオ放送番組の「ドクターサロン」は、全国の一般医師より、日常診療に関してよせられた質問に対して、「杏林シンポジア」は 編集員が選出したテーマに対して、各分野の専門医がゲスト出演し、解説を行うものです。また番組で取り上げる質問や解説ゲストについては、編集委員が医学的かつ科学的に公平な立場から、決定しています。紹介内容には、ゲストの知識、経験、方針に基づく私見が含まれている場合があります。薬剤の使用にあたっては、各薬剤の最新の添付文書をご参照ください。

ラジオ番組ドクターサロンは臨床医の先生方の身近な問題にお答えする番組です。なお、番組で取り上げる質問は、ドクターサロン冊子購読者の先生方(医師)からの質問のみとさせていただいておりますのでご了承下さい。

ドクターサロン65巻9月号(8.2021)

記事ごとの個別閲覧は下記から行えます

順天堂大学腎臓内科准教授 上田誠二 先生

低レニン本態性高血圧についてご教示ください。血清カリウム値の低下はなく血漿アルドステロン濃度(PAC)の上昇は認めず、血漿レニン活性(PRA)が著しく低下し、PAC/PRA比(ARR)が200超の症例を時折見かけます。食塩感受性との関係、降圧薬の選択等、治療方針をご教示ください。(大阪府開業医)

筑波大学医学医療系内分泌代謝・糖尿病内科教授 島野仁 先生

糖尿病で腎症、網膜症、血管イベントを引き起こしやすい人とそうではない人の予測因子はありますか。DMを診ていると、重度の人や罹患が長い人でも腎症、網膜症、心イベント(血管含む)を全く起こさない、進展しない人がいます。どのような人がこのような病態を引き起こしやすい(もしくは引き起こしにくい)のかわかっているのでしょうか。(茨城県勤務医)

慶應義塾大学循環器内科教授 福田恵一 先生

iPS細胞を使った重症心不全患者への心筋細胞移植治療についてご教示ください。(埼玉県勤務医)

日本赤十字社医療センター呼吸器内科部長 出雲雄大 先生

びまん性肺疾患に対するクライオバイオプシーについてご教示ください。(神奈川県開業医)

日本大学病態病理学系微生物学分野上席研究員 牛島廣治 先生

ロタウイルスワクチンが2020年10月より無料接種となります。ワクチンは2種類ありますが、一長一短あります。1価&5価とありますが、ご教示ください。(千葉県開業医)

日本大学小児科准教授 鮎澤衛 先生

12歳の中学1年生の女子。健診で完全右脚ブロックあり(右軸変位あり)。軽度心肥大(CTR 52%)を認めました。血圧、脈拍は正常です。心筋症など精査をすべきでしょうか。(新潟県開業医)

北里大学医学部小児科学教授 石倉健司 先生

アルポート症候群についてご教示ください。(宮城県開業医)

東京慈恵会医科大学附属柏病院眼科診療部長 郡司久人 先生

黄斑前膜についてご教示ください。69歳女性、スマートフォンを使い始め約1年後、眼のザラザラ感、眼脂の増加、光のまぶしさ、遠方の視力低下等出現し、近医眼科を受診しました。ドライアイ、片眼の水晶体中心の濁りを指摘され、対応の点眼液が処方されました。眼のざらつきは軽減してきましたが、しゅう明、視力低下の進行、時に視野全体が白く見える等にて基幹病院を紹介され、単眼の黄斑前膜合併を指摘され、まず両眼白内障手術の予定を取り、直線の歪みに気づけば早急に2期的手術を考慮するよう指示されました。(大阪府開業医)

外房こどもクリニック院長 黒木春郎 先生

日本医師会副会長 今村聡 先生

医療法人社団鉄祐会理事長 武藤真祐 先生

株式会社MICIN代表取締役 原聖吾 先生

フューチャー株式会社代表取締役会長兼社長 金丸恭文 先生

バックナンバー記事検索

ドクターサロンのダウンロードにあたっては「ご利用上の注意」を必ずお読みください。

「ドクターサロン」のバックナンバーは、冊子として過去に発行された当時の内容をそのままの形で掲載しており、その内容は最新医療における解釈とは異なっている場合がございますのであらかじめご了承ください。
また、先生方の所属・肩書きも冊子制作時のままとなっております。ご利用にあたりましては、発行年月をご確認ください。

医療関係者向け医療情報 ご利用上の注意

医療用医薬品情報は、医療関係者を対象に、弊社医療用医薬品を適正に使用していただくための情報を提供しています。
一般の方の閲覧はご遠慮頂いていますので、ご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

医療関係者の方